うつわとともに。祥見知生のブログです。

テーブルにあるもの。展

北海道・東川の「北の住まい設計社」本社ショールームでうつわ祥見のセレクトした器の展覧会「テーブルにあるもの。展」が開かれています。


建物の2階スペースの広々とした空間にあるテーブルに、日常使いの器たちが並びました。

わたしは初日 一日在店して、訪れてくださった方とお話しましたが、遠方からわざわざこの日のために楽しみにして来てくださった方々とお会いすることができて、とても嬉しい一日でした。

札幌で4年間器展を開いて、出会った多くの皆さんと、また場所は違っても再会できる。

本当に有難いことだと思います。

「日々の器を伝える」という気持ちで、展覧会を開いているので、いつも中心になるのは、めし碗やお湯のみ、皿や鉢という、毎日使ってそばにいて、わたしたちの「食べる」ことを支えている器たちです。

そこには、驕りや高ぶりがなく、静かなものや穏やかなものが流れていてほしいのです。そして、しみじみと「いい器だな」と感じられる、品格のようなものも。

「テーブルにあるもの」は突拍子もないものではなく、とても当たり前のものです。

今回の器展を訪れた皆さんが、その「当たり前」の中の美しさや、あたたかさを、手から器から感じてくだされば、これほど嬉しいことはありません。


「日々の器を伝える テーブルにあるもの。展」

 2007年7月14日(土)〜7月29日(日)

 10時〜18時。会期中は無休です。

 併設のカフェでのお茶の時間や、お食事を楽しまれてください。

お勧めは、自家製のぶどうジュースです。ランチも生き生きとした食材がふんだんに使われていて、ほんとうに美味しかったです。ショールームもカフェスペースも、スタッフの皆さんのやさしさが隅々まで感じられ、居心地がよく、つくづく愛されるお店づくりというものを感じました。

ぜひこの機会に、お出かけになってください。

広々としたお庭スペースもあり、お子さん連れのご家族もゆっくりと楽しむことができます。

くわしくは、北の住まい設計社のホームページをご覧ください。

  http://www.kitanosumaisekkeisha.com/



うつわ祥見は9月までお休みです。次回OPENDAYは、9月6日〜9月0日です。

くわしくはうつわ祥見のホームページをご覧ください。  

http://utsuwa-shoken.com