うつわとともに。祥見知生のブログです。

「土から生まれるもの」高知エピソードその2


2007年10月21日(日)は 高知ガイアデー

龍村仁監督映画『地球交響曲』第六番出演 KNOB高知初ライブ+「地球交響曲第一番」の上映


高知県立牧野植物園で行う「土から生まれるもの」には、様々な出会いがあります。

その中のひとつが、龍村仁監督の映画『地球交響曲』です。

笛奏者・雲龍さんが最新作第六番に出演されることが決まり、私も公開を楽しみにしていました。そして、ご縁をいただいたのが、雲龍さんと同じくこの映画の「虚空の音編」に出演されたディジュリドゥ奏者のKNOBさんです。

北鎌倉の雪堂美術館で行った「宙の音の葉コンサート」では、雲龍さん、やまとかたりの大小田さくら子さん、そしてKNOBさんによって、音の響きを感じる世界を伝えることができました。

そのコンサートを進めているうちに、「土から生まれるもの」というテーマで、KNOBさんに牧野植物園にてディジュリドゥを響かせてほしいと思ったのです。

ユーカリの木の中だけを白蟻が食べつくして空洞になった天然の木。ユーカリが土から生まれたとすると、ディジュリドゥも「土から生まれた楽器」と言えるのではないでしょうか。

KNOBさんが趣旨を理解してくださり、高知行きを心よく受けてくださった日の午後のこと、せっかく『地球交響曲』の最新作に出演されたアーティストが高知を訪れるのだから皆さんに聴いていただきたいと、高知のガイアプロジェクトの方にご連絡をとって驚きました。

もう随分前からスケジュールが決まっていた『地球交響曲第一番』の上映会が、KNOBさんの「土から生まれるもの」コンサートの日にちと全く同じ10月21日に決まっていたのです。

不思議なことですね。

そこで、この10月21日は「高知ガイアデー」として、映画とコンサートという、大変魅力的な組み合わせを観に来ていただきたいとお知らせしています。

高知ガイアプロジェクト主催による龍村仁監督映画「地球交響曲第一番」の上映は高知県立自由民権記念館にて。

第一番を見逃した方も、最初からガイアを見たい方も。一日に3回の上映を予定されています。
どの回に映画を観ても、KNOBさんのコンサートに参加できます。
会場は、牧野植物園からもほど近い高知県立自由民権記念館です。



●『地球交響曲第一番』 
出演 野澤重雄(植物学者)/ラインホルト・メスナー(登山家)
ダフニー・シェルドラック(動物保護活動家)/エンヤ〔ミュージシャン)
ラッセル・シュワイカート(元宇宙飛行士)
会場 高知県立自由民権記念館 
上映時間 ①10:00-12:15 ②13:30-15:45 ③18:00-20:15
チケット前売 1200円 当日1500円

くわしくは、http://kochi-project-gaia.blogspot.com 


●KNOB 土から生まれるもの ディジュリドゥコンサート

会場  牧野富太郎記念館 展示館 階段広場 
開場16時  開演16時30分  終演17時30分 
〔当日17時をすぎての入園はできませんのでご注意ください〕
前売1600円(税込) 当日1800円(税込) 全席自由

■入場には別途植物園入園料がかかります[一般 500円(高校生以下無料)、団体(20名以上)400円]

協力 高知ガイアプロジェクト 担当・野崎 TEL 090−1177−5466 
   Eメール alohamanahealing@ybb.ne.jp


*映画とコンサートの チケット取り扱い:
高新プレイガイド TEL:088-825-4335
高知県立美術館ミュージアムショップ  TEL:088-866-8118

Aloha mana   高知市北高見町97   TEL:090-1177-5466(野崎)
ヒーリングアーツ 高知市一宮西町1丁目7-15-1F  TEL:088-845-2827
ゆったりらいむ高須   高知市葛島4丁目7-20 1-C TEL:088-885-4315
Natural cafe Sasa's Lohas  高知市朝倉東町2−1 TEL:088−828−4477


土から生まれるもの イベント当日は、大変混雑が見込まれています。駐車場には限りがありますので、公共の乗り物をお使いください。皆様のご協力をお願いします。

「土から生まれるもの」についてくわしくは、
うつわ祥見のホームページ  http://utsuwa-shoken.com をご覧ください。