うつわとともに。祥見知生のブログです。

大鯰がやってきます。


小野セツローさんはもうすぐ79歳になられます。

愛媛県松山市に住み、いまも現役で、
かんざしや野の花のスケッチなどの作品を発表しています。

19歳から画を描きはじめたセツローさんは、もうかれこれ60年の間、自分の作品と向き合っています。

70歳をすぎてから、二度の病に倒れながら、いまも「芸術への志」を失わず、手の仕事を続けています。

セツローさんは不思議な人です。

会うと誰もがファンになってしまう。

作品からも、その朗らかさ、天性の明るさがにじみ出て、見る人をあたたかく励まし包みます。

そんなセツローさんが、孫の誕生を祝い、作った大鯰という作品があります。

少年のこころを失わないものづくりびとは、滑車が付いた玩具を作るのが好きだったのですが、実際にこどもが乗って遊べるように、と硬い榎の木を削り大鯰をこしらえたのです。

そのお孫さんも今では20歳を過ぎました。

時を経ても、鯰のその堂々とした体躯、飄々とした表情は健在です。

この大鯰をはじめとして、初めての作品集『セツローのものつくり』(アノニマ・スタジオ刊)に掲載された家鴨、土の干支人形の申や寅たちが、3月、東京の展覧会会場にやってきます。

どうぞこの機会に、セツローさんの作品の数々をご覧ください。

新作のかんざし、野の花のスケッチを展示・販売いたします。



セツローのものつくり展

3月1日(土)〜3月8日(土)
11:00〜19:00 ※ただし会期中3月2日(日)休み
かんざし 野の花のスケッチ 


会場 

馬喰町ART+EAT
東京都千代田区東神田1-2-11 アガタ竹澤ビル202
tel.03-6413-8049
http://www.art-eat.com/main.html

初日と、3日、4日 祥見がおります。セツローさんへのメッセージを書いていただくノートも用意します。ぜひお出かけください。



○会期中、小野セツローさんの大好きなカフェ「ル・ジャルダン・ドゥ・カフワ」(松山)の焙煎コーヒー豆「セツローごのみのマンデリン」を限定販売します。数に限りがありますので、お早めにお求めください。



○初めての作品集発売中です。

『セツローのものつくり』小野セツロー
定価2310円(税込)
96ページ B5判変型 アノニマ・スタジオ

3月1日(土)〜8日(土)アノニマ・スタジオでは、本書の出版記念展示を行います。


東京都台東区蔵前2-14-14 1Fガレージ tel.03-6699-1064
11:00〜18:00 日曜定休 http://www.anonima-studio.com


○うつわ祥見の3月の展覧会は、

小山乃文彦陶展 です。

3月6日〜3月13日まで。会期中は無休です。

初日には、小山さんが在店します。どうぞお出かけください。