うつわとともに。祥見知生のブログです。

セツローのものつくり展IN東京です。


3月1日。東京・馬喰町ART&EATで「セツローのものつくり展」が始まりました。

初日は、セツローさんの作品を初めてご覧になる方もたくさんいらっしゃいました。

かんざしがずらりと並んだ展示を時間をかけて丁寧に選ばれています。


壁面いっぱいに飾られた植物のスケッチは、セツローさんならではの優しい線や彩色が、淡くやわらかな光となって観る方のこころをほぐしていくようです。


大鯰や、家鴨などの木の作品も、かたち、色、削りの具合、存在感・・・どれも『作品』としての風格を感じさせくれます。(これこそが民藝なのでは・・・と私は内心思います)

見た目のデザインや、かっこよさを求める作品からは得られない、何か、しみじみとした「人の生き方」の重みのようなものが、セツローさんの、こうした作品たちには感じられます。
それはおそらく、「スタイル」とか「○○主義」とか、そんな安易な言葉を飛び越えていく、いや、飛び越えることも必要としないくらい、淡々とした日常の中にこそ存在する「ほんとう」の中にあるものを、映しているように思います。

もう一つの会場、蔵前のアノニマ・スタジオでは『セツローのものつくり』出版記念展が行なわれています。こちらは土人形、木の匙、木の玩具、『かたつむり』の原画や、『椿の絵手紙』などを展示しています。

展覧会では初お目見えの『ワニの親子』(『セツローさん』に掲載)が可愛いです。(デザイナーの亀井さんご夫婦所有です)

ぜひ、ふたつの会場をお訪ねください。セツローさんへのメッセージを書いていただくノートも用意しています。セツローさんへのメッセージをお願いします。

会期中、小野セツローさんの大好きなカフェ「ル・ジャルダン・ドゥ・カフワ」(松山)の焙煎コーヒー豆「セツローごのみのマンデリン」を限定販売しています。
初日にも多くの方が求められました。残りわずかとなっていますので、ご希望の方はお早めにお求めください。


セツローのものつくり展

3月1日(土)〜3月8日(土)

11:00〜19:00 ※ただし会期中3月2日(日)休み

かんざし、原画のスケッチを販売しています。



会場 

馬喰町ART+EAT

東京都千代田区東神田1-2-11 アガタ竹澤ビル202

tel.03-6413-8049

http://www.art-eat.com/main.html

セツローさんへのメッセージを書いていただくノートも用意します。ぜひお出かけください。







○初めての作品集発売中です。

『セツローのものつくり』小野セツロー

定価2310円(税込)

96ページ B5判変型 アノニマ・スタジオ

3月1日(土)〜8日(土)アノニマ・スタジオでは、本書の出版記念展示を行います。



東京都台東区蔵前2-14-14 1Fガレージ tel.03-6699-1064

11:00〜18:00 日曜定休 http://www.anonima-studio.com



○うつわ祥見の3月の展覧会は、

小山乃文彦陶展 です。

3月6日〜3月13日まで。会期中は無休です。

初日には、小山さんが在店します。どうぞお出かけください。