うつわとともに。祥見知生のブログです。

花と器展が始まりました。


4月の展覧会「赤地光太郎 花と器展」が始まりました。

由比ガ浜招山の 陰影のある空間に 器たちが並びます。

苔丸・赤地光太郎君の花入れは、控えめで静か。

土のたくましさを感じる力強い花の器や、造形の美しさが際立つ器・・・。

ニリンソウ、クマガイソウ、ヤマツヅシ、光太郎君が花を入れると、一瞬にして世界が変わります。




草花の、無駄のない美しさは、器をいっそう引き立て、静かな情熱を秘めた「花活け」が、草花たちの神聖な姿を、映しだしています。



花と、器。

華美に競い合うのではなく、あるがままの姿ですっと立っている、そんな世界。

ぜひ、お出かけください。


「赤地光太郎 花と器展」は、4月17日(木)まで。


11:00〜18:00 

会場 招山 由比ガ浜

   鎌倉市由比ガ浜4−3−14

   0467−55−5999

出展作家 石田誠 尾形アツシ 小野哲平 村上躍 村木雄児

     横山拓也 吉田直




くわしくはうつわ祥見のホームページをご覧ください。

http://utsuwa-shoken.com