うつわとともに。祥見知生のブログです。

花と器展

今日、鎌倉は、春らしい穏やかな陽に包まれた一日となりました。

苔丸の赤地光太郎君とともに行っている「花と器展」。オープンの時間から、たくさんの皆様にお出かけいただいています。

可憐な花の愛らしさと、研ぎ澄ました花器の美しさ。

花の名前や、育て方、活け方を、丁寧に伝える光太郎君の説明に、皆さん満足されてお帰りになります。

花活けは、まさに、ライブそのものですね。

花器から感じられるイメージを、即興演奏を楽しむように、花を入れていく。その花人の無駄のない動きは、見ていて、大変気持ちのよいものです。見ているこちらの背筋もきりりと正したくなります。

小野哲平さんの薪窯の小つぼ、吉田直嗣さんの黒の花器、尾形アツシさんの灰釉や粉引き、石田誠さんの南蛮焼き締め、村上躍さんの銀彩の器など・・どの器も、花を生かし、より一層その器のよさを感じさせてくれます。



「赤地光太郎 花と器展」は、17日(木)まで。

11:00〜18:00 

会場 招山 由比ガ浜

   鎌倉市由比ガ浜4−3−14

   0467−55−5999

出展作家 石田誠 尾形アツシ 小野哲平 村上躍 村木雄児

     横山拓也 吉田直


くわしくはうつわ祥見のホームページをご覧ください。

http://utsuwa-shoken.com

広告を非表示にする