うつわとともに。祥見知生のブログです。

セツローさん


週末を利用して 松山へ行ってきました。

セツローさんの80歳をお祝いして企画した「セツローさんと木を削る」ワークショップに参加するためです。

セツローさん、お元気でしたよ。

ヨーガンレールの茶色のジャケットでおしゃれでした。

会場は市内の公共の建物で、木工の道具が自由に使える場所です。

会場いっぱいに、セツローファンが大集合・・・という感じで、とてもあたたかく、ほのぼのしたよい会になりました。

お聞きすると、北海道や東京、兵庫、岐阜、高松、高知など、県外から参加された方の多さに、驚きました。

皆さん、この日を楽しみにされていたご様子。

それぞれが選んだ木片を、約2時間半かけて 削っていきます。

スプーンのかたちは、それぞれです。

セツローさんは終始にこやかで、時々冗談を口にして、ニコニコしていました。

会の終わりに、小さなケーキと花束で 80歳のお祝いをして 皆で「ハッピーバースデー」の歌を歌いました。

最後のほうで 参加者ひとりひとりが、セツローさんとお話しましたが、最初からセツローさんの目に涙がたまって、何度もハンカチで涙をぬぐっていました。わたしももらい泣きです。

遠方から駆けつけてくれた皆さんのこころに触れて 嬉しかったのでしょう・・・セツローさん、本当によかったですね。

削り終えた匙は、柿渋やオリーブオイルを刷毛で塗って完成です。




はじめは同じ木片だったのに、それぞれ個性的で、あたたかな手を感じさせる作品たちとなりました。

参加してくださった皆様 本当にありがとうございました。



実際の運営をしてくだったドノバンの皆さま、お疲れ様でした。素晴らしい会をありがとうございました。



ただいま、東京・六本木にある国立新美術館地階 SFTギャラリーにてセツローさんの展覧会『セツローのものつくり展』が行われています。

大変貴重な原画、かんざしを展示・販売。


往年の作品、木の匙や、糸巻き、土人形などもあわせて展示しています。


この機会にどうぞセツローさんの世界に触れてください。


会場では『セツローのものつくり』(アノニマ・スタジオ刊)の出版記念のときにも特別にご協力いただいた、松山の珈琲店ジャルダンの『セツローごのみのマンデリン』も100グラム、200グラムも特別販売しています。数に限りがありますので、お早めにお求めください。


80歳をお祝いして作ったかまわぬ製のセツロー柄の手ぬぐいも大人気です。


ぜひ皆様、セツローさんのものつくりを この機会にご覧ください。


わたしは4月3日 金曜日に会場へ行ってます。

まだお出かけではない方は、ぜひ お出かけください。


地下鉄「乃木坂」駅と直結しているので、とても便利なアクセスです。

大変貴重なセツローさんの原画や、かんざしを選んだり、

木の匙や土人形を見ていただける機会です。どうぞお見逃しなく。




●セツローのものつくり展 

   

東京・国立新美術館 地階 SFTギャラリー

  

2009年3月18日〜4月20日 

くわしくはこちら→ http://www.cibone.com/sft/sftgallery.html



東京都港区六本木7-22-2 国立新美術館B1

TEL: 03-6812-9933 FAX: 03-5775-4670 

10:00-18:00 (金曜日のみ20:00まで) 

毎週火曜日定休(祝日又は休日に当たる場合は開館し、翌日休館)

アクセス

東京メトロ千代田線乃木坂駅6出口

東京メトロ日比谷線六本木駅4a出口から徒歩5分

都営地下鉄大江戸線六本木駅7出口から徒歩4分

広告を非表示にする