うつわとともに。祥見知生のブログです。

広島から

こんばんわ。

今日は広島のホテルから更新です。

秋に行う展覧会の打ち合わせでやってきました。

昼間は高知からいらした早川ユミさんと次回の本のことで打ち合わせ。
夕方には、釉すがさんで個展初日の哲平さんと合流しました。

広島空港に降り立つのは本当に久方ぶりのこと。

前は、原爆の語り部の女性を取材して記事にしたのでした。

一方、鎌倉のonaniNEARでは、テーマ展「谷口晃啓 あたたかな白磁」展が始まりました。

昨日の初日はわたしも在店しましたが、谷口さんのやわらかで包み込むような優しい器たちと一緒にいると、心が静かになるというのでしょうか・・・とても気持ちがいいですね。

いらした方にもお話したのですが、谷口さんの器は一度使っていただくと、とてもリピート率が高いのです。やはり使ってみて「とても気に入ったので、もっと欲しくなる」そんな器なんですね。説得力があります。

わたし自身も、『うつわ日和。』で紹介したように、白磁の四角皿を使っていますが、やっぱり出番が多い。

そして、世のなかには白い器はあふれているけれど、この品格の違い、何よりも魅力的です。

今回は「大切に伝えたい器」を特集するかたちで onariNEARならではの器のテーマ展の最初に谷口さんの器を伝えたくてお願いしました。

めし碗、小鉢、ピッチャー、カップなど・・・。

ぜひこの機会に、谷口さんの器を、手にとってご覧ください。


それから、7月3日の細野晴臣さんの鎌倉ライブ 予約受付メール たくさんいただいています。

応募多数の場合は抽選とお伝えしていますが、倍率は相当高くなっています。

今回は限られた空間での、少人数で 細野さんの音楽を聴く、大変贅沢な時間になると思います。

応募してくださった皆さん、あと少しお待ちくださいね。


明日は夕方の飛行機で戻ります。

広島を含めて秋に行う展覧会の詳細はまだ調整中です。決まり次第 お知らせします。

ではまた

広告を非表示にする