読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつわとともに。祥見知生のブログです。

セツローさん展 椅子展によせて


onariNEARでは セツローさん展 椅子展が始まっています。

NEARのテーブルに並べられたセツローさんのかんざしや、バターナイフなどの作品を

手にとり、手に包みますと、初めてセツローさんの作品に出合ったときと同じように

こみあげてくるものがあります。

人は、モノというもの言わぬものから、しみじみと何かを感じることができる・・・

そのことを、セツローさんの作品たちから 改めて教えていただいているような気持ちがいたします。

壁に飾ったセツローさんのスケッチも、何気なくて静かで、語りかけてくるものがあります。



ぜひ、この機会にお出かけになり、セツローさんの作品たちを、ゆっくりご覧ください。


椅子は、うつわ祥見の空間でも馴染み深い、イギリスのアンティークのものです。

一口で100年と言いますけれど、

この椅子たちと一緒にいて感じる あたたかさや、安らぎや、満ち足りた気持ちは
いったい何でしょうか。

家具は人と暮らす「家の道具」なんですね。

その道具は、食の道具としての器と同じように、

ひとのそばにあるもの、だと思います。

そんな堅牢で余計なものがなく、気持ちがいい椅子たちを、信頼して、日々、一緒にいて「親しみ」を感じながら 暮らしたいと思います。


セツローさん展、椅子展は1月31日まで 

どうぞお出かけください。