うつわとともに。祥見知生のブログです。

 朝に。

今日もまた 新しい一日が始まります。


この数日 寺田寅彦の随筆を読んでいたら その圧倒的な文章力に引き込まれました。

この数学者の、飄々とした物腰 その観察眼に。

岩波書店の「寺田寅彦 全随筆」のなかには 化学、物理学、映画、文学などへの考察的な文章とともに、
身近な猫や小動物、草木に関する随筆が多く収められています。


本はやっぱりいいですねぇ・・・

部屋にいながらにして 緑深い森のなかを 歩いているような気持ちになります。


わたしは串田孫一さんの文章が好きで、傍らに串田さんの本を置いて ちょっとした時間にも頁を開くことが多いのですが、

書き手の呼吸がいきいきが伝わってくる、随想という文章のスタイルが好きなのかもしれません。


串田さんの著書『串田孫一断想集 山をめぐって 』(大和書房)の第一章のはじめにこんな文章があります。



人は何故山に登るのだろう。
何故好んで、氷の岩屋根を登って行こうとするのだろう。
この自ら悦んで求める忍苦の行為を人が棄てないうちは、
私は人間の尊いねがいを疑わないだろう。



いま、器を伝える仕事と平行して、この秋に、高知県の牧野植物園で行う、「樹」と「言葉」をテーマにした展覧会の準備をしています。

言葉も願いも、音楽も、そして、器も。

人を信じることを土台にしなくてはなりません。



今日はこれから打ち合わせで 少し早めにNEARへ行きます。

関東は予報では曇りから雨になるようですね。

どうぞ皆さんも、器と よい一日をお過ごしください。

広告を非表示にする