うつわとともに。祥見知生のブログです。

吉岡萬理さんの仕事。色絵の新作写真です


こんばんわ。

お正月休み、3連休も終わり、ふつうの日常が始まりましたね。

本当の意味の、今年が始まりますね。

NEARは、今日、定休日でした。

これまで木曜日だった休みが、毎週火曜日に変更になり、その初日のお休みだったのです。

午後に、海岸線を車で走り、日常の静けさの戻った海の道を感じながら、onariNEARへ。

いま開催中の吉岡萬理さんの展覧会の、作品の写真を撮ってきました。

萬理さんのお仕事を写真でいっきに紹介します。

今日は色絵の新作を中心に・・・

さぁ、いきますよ・・・


いかがですか。

色使い、筆のいきおい。

弾んでくるような楽しさ、心地のよさ。

ラテンの明るさと、そしてエスプリが効いています。

ガラス越しに見えた器たちの姿に惹かれ、「初めて見たけれど、楽しいですね」と言われる方のなんて多いことでしょう。「楽しい」「使ってみたい」「この器たちがいてくれたら・・」と、皆さんの表情まで明るく弾んでくるのです。

カルロス君や、ボヨヨンアカデミー・・・萬理さんならではの世界が、
皆さんに伝わって、ユーモアの精神が広がっていくようです。

たかが器、されど器・・

器から始まることだってあるんですね、本当に。

そして、この沸き立つ気持ちを視る人に与えてくれるもの・・これこそがアート:芸術なのでは・・と私は感じています。

本当に素晴らしい仕事をここに見せてくださったと思います。

そして、今日はとっておきの事をお知らせします。

吉岡萬理さんの色絵の仕事がムービーに・・・。

関西のギャラリー悠々さんが撮影した色絵の絵付けが ユーチューブで見られるのです。

この映像がまた、またまた・・・・、やってくれました。

さすが、われらが萬理さんです。

萬理さんのホームページから ご覧いただけます。右下のアイコンをクリックしてご覧ください。

http://www.ne.jp/asahi/banri/63/

わたしはいつか、萬理さんと一緒に、「うつわキャラバン」に行くのが夢見ています。

車に萬理さんの器を積んで、知らない町から町へ・・・ 

車の横にシャッターがあって、あがると、移動ギャラリーになっていて、萬理さんの器がずらり・・・

ふざげているのではありませんよ、いつもこんな話を、萬理さんに話しては「かんべんしてくださいよ、ショウケンさん」と笑い、そして、またふたりで

人の手に包まれる器がもっと多くの人に手渡っていくことを真剣に話しているのです。

そして、器で、皆さんに元気と勇気を・・・と。そんな夢ものがたりを語れるのも、萬理さんの器の素晴らしさだと思います。

大阪のギャラリー「イトヘン」さんのご好意で、そんなふたりの「カルロス君」への道のりのエッセイも連載させていただきました。

http://www.skky.info/carlos/carlos.html

いつだって、萬理さんもわたしも真剣です(ちょっと笑いがありすぎますが・・)

けれど、今回の器たちの素晴らしさよ・・・

いつもはこんなふうに日記に写真を載せたりしないのですが、できるだけ多くの方に、この仕事を「ライブ」感を持って感じていただきたくて、こんなふうに紹介させていただきました。

実物に会いにいらしてください。

吉岡萬理さんの2011年の新しき器たちをぜひご覧ください。店内では、常設のそのほかの器の展示もご覧いただけます。

ちなみに明日はお休みですが、21日までの会期まで、ぜひお時間を作って鎌倉へいらしてください。

○吉岡萬理 色絵と鉄彩、新しき器展


 1月6日(木)〜21日(金)会期中定休日:11日(火)、12日(水) 18日(火)
 ※今年より、定休日が変わります。火曜、第2・4水曜日になります。