うつわとともに。祥見知生のブログです。

うつわに浸る。

 

こんにちは。

早くも8月ですね。

お向かいのくろぬまさんでは、

毎年おなじみの花火の暖簾が風になびいています。夏の風物詩です。

 

f:id:shoken:20160801153954j:image

 

この時期の鎌倉というと、海が真っ先にイメージされますが、

緑に包まれる夏山の鎌倉もおすすめです。

紅葉で有名な瑞泉寺の葉の緑の深さは、

暑さを忘れる清涼の時間を感じさせます。

先日、久しぶりに鎌倉に会いに来てくれた旧友とともに訪ねました。

時間が止まったような静けさに、心が満たされました。

 

f:id:shoken:20160801153132j:image

 

さて、うつわ祥見onariNEARでは、

上半期の展覧会を終え、

ただいま常設展示を行っています。

 

粉引、刷毛目、白磁、鉄釉、染付、ガラスなど、

様々な作り手の表情豊かなうつわをご紹介しています。

NEARの常設の店内にいると、

いつも思うのですけれど、

この空間は、うつわが好きな方にとって、

うつわに浸る時間であってくれたら、と思うのです。

 

世間では実に様々なことが起こり、

情報も凄まじいスピードで流れていきます。

すぐにYESかNOか、答えを求められることも少なくありません。

でも、本来は、考えるというのは慎重なものです。

慎重深く、考えることは、人に生まれて授かった素晴らしい贈りものです。

どんなときも、考え続けることに価値を見つけたいのです。

 

少し、話がそれましたが、

NEARの常設では、

どのうつわも、すっと、立っています。

できるだけ多くのうつわたちをご覧いただきたいので、

大勢のうつわが並んでいますが、その全てに個性があります。

釉薬の流れ方、色合い、質感、かたち。

うつわの表情はどれも、豊かさに溢れ、見飽きることはありません。

その様子をご覧いただけらと思います。

 

外の暑さや喧騒を忘れ、

ゆっくりとお過ごしください。

ひとつひとつ、うつわをお手にとって、

出会いを楽しんでいただけたらと思います。

 

f:id:shoken:20160801153223j:image

 

夏は、色とりどりの野菜が旬の香りを運び、食卓に賑わいを見せてくれますね。

夏の盛りならではの、美味しいものと、うつわと。

忙しい時もあるでしょうが、できるだけ気持ちにゆとりを持ち、

ゆったり、食事の時間を愉しみたいものですね。

 

WEBSHOPでは、常設展示とリンクをさせた様々なうつわをご紹介しています。

お時間のある時に、どうぞ、ゆっくりご覧ください。

 

うつわ祥見 web shop

 

ルノワール展が話題の国立新美術館、SFTギャラリーでは

「うつわ かたち」展が好評開催中です。

どうぞお出かけください。

 

うつわ祥見onariNEARの夏休みは8月15日〜8月18日です。

この4日間、午後の遅めから夜にかけて「夜NEAR」を開く予定でいます。

そのことは、また、ご報告いたしますね。

 

どうぞ、この夏も、うつわとともに健やかに、お過ごしください。

 

 

 

 

広告を非表示にする