うつわとともに。祥見知生のブログです。

巳亦敬一ガラスの器展 始まりました


月曜日は夕方から東京・青山へ。

鎌倉市場のパラダイスアレイの淳平くんと。

青山・スパイラル地階のCayで行われた細野さんのライブに行ってきました。

実はこれ、7/3の鎌倉ライブの「リハ」だというので、半信半疑で行ったのだけれど、

秘密のカーテンショーと銘打って、薄い布のカーテンの向こう側で 練習して 一曲できたらカーテンの中から細野さんが現れて、曲の説明をし、カーテンを開けて、細野さんが奥からジャケットを羽織って再登場し、もう一度演奏するというスタイル。

不思議で、楽しくて、こんなことめったいにないライブでした。

鎌倉のリハーサルだということは内緒でやるのかな・・と思って出かけたのに、

細野さん自身が「本番は鎌倉なんで・・」と何度もおっしゃるので とても面白かった・・です。

細野さん、鎌倉を楽しみにしてくださっているんだな・・と思えて、嬉しく思いました。

ますます7月3日が楽しみになります。


そして、昨日は、そんな余韻のなか、札幌から届いた硝子の搬入を行いました。

7月1日。

どういうわけかわからないけれど、7月になると、いろいろなことが思い起こされます。

巳亦さんの硝子の、美しく深い色は、またさらに人を思索に導くようです。




鉢、皿、グラス、そして評判の「醤油さし」も、こころに染み入るように美しいです。

7月7日まで うつわ祥見がオープンしています。

夏の始まりの、この期間に、ぜひゆっくりと器に会いにお出かけください。

考えてみますと、次のオープンは、9月なのです・・・。

巳亦敬一 硝子のうつわ展は 7月1日〜7月7日まで。会期中は無休です。

同時開催で、onariNEARでは、月替わりのテーマ展on the Table で「巳亦敬一ガラスコップ展」を行っています。

この機会に、巳亦さんのガラスの器たちをご覧ください。