うつわとともに。祥見知生のブログです。

 ごはんのうつわ展2009 札幌

こんばんわ。

鎌倉へ戻りました。

きのう、8月1日。

札幌のcholonさんでの「ごはんのうつわ展2009」が初日を迎えました。

初日の朝、11時のオープンと同時にたくさんの皆さんが会場へ。

3年前まで行ってきた「うつわ祥見INさっぽろ」で器を求めてくださった方々、懐かしい皆さんにお会いしました。

鎌倉へも足を運んでくださり、「次は札幌で会いましょう」と約束していた方の顔も・・・。

嬉しかったですね・・

会場の写真、ご紹介します。





窓から明るい光が入り、白い壁のギャラリーに、器たちも機嫌よく並んでいます。

白状しますと、わたしは胸がいっぱいでした。

「よい器を作ってください」のリクエストに、充分応えてくれた作り手の器たち。

そして、cholonさんのスタッフの皆さんの、あたたかいこころ。
(スタッフの皆さんにとっても、初めての器の展覧会。11人の作家から届いた器の量に、実際、驚かれたと思いますが、でも熱心に、会場つくりをしてくださった。こころが澄んでいて、笑顔が素晴らしい・・本当によいお店ですね。)

そして、この日を待っていてくださった皆さん。

この数日の晴れやかな札幌の空の下で、わたしはホントウに嬉しかったです。

器たちはそれぞれを引き立てあい、どの器にもそれぞれのよさがあるので、いくら見ていても見飽きないのです。

初日は長くいらした方で3時間、器をご覧になった方もいらっしゃいました。嬉しいです。

めし碗、鉢、皿、小皿、ポットやお湯のみ・・・

どうぞ器を一つひとつ手に包んでみてくださいね。

ごはんのうつわ展2009は、8月9日(日)までです。会期中火曜日はおやすみです。

こころに響く器たちと、出合えると思います。

気持ちのよい空間で出合った器と、どうぞ美味しいごはんを。
きっと、器たちもこの出合いを喜んで、きっと大活躍します。ともにあり続ける器たちとなります。


訪ねてくださった皆さんに、こころから感謝して。

ありがとうございます。

今回は初日だけの在廊でしたが、次回はもっと長くいたいなぁ・・・ 初日だけではなく、ずっといたい空間でありました。

北海道のみなさま、札幌のみなさま、ぜひ器たちに会いにいらしてください。


展覧会初日19時からの「日々を愛する器」をテーマにしたお話会のあと、喉がからからになったので、お店の皆さんと一緒に
札幌大通公園の「ビアガーデン」へ行きました。

「天候が不順で、ビアガーデンも来られたのも何年ぶりですよ」と地元の方がおっしゃるのでびっくり。

じゃあ、まことに良かったです、わたしの晴れ女が効いたのでしょうか・・・かろうじて「夏の日のビアガーデン」を楽しむことができて、大満足でありました。

ビアガーデンって、チケット売り場でチケットを買って、それを係の方に渡すと、その係の人が席のパラソルまで一緒に来てテーブルナンバーを確認してくれる仕組みなんですね・・・知らなかったです。そこだけのシステムかしら・・。

ラストオーダー間近で、それほど注文はできなかったけれど、

器展の初日が終わった嬉しさで、ふだんより、少し飲んだかも・・しれませぬ。
札幌の夏らしい夜を過ごせました。たまにこういう楽しさも、ありですね。