うつわとともに。祥見知生のブログです。

小屋展と

こんばんわ。

鎌倉は残暑の残る蒸し暑い一日でした。

午後に弱いにわか雨が降りましたが、地面を濡らすほどでもなかったようです。

小屋展は残すところあと2日となりました。

わたしが座っている机から、デッキ側のテーブルに 並ぶ小屋の屋根を見ていると、

どれもどれも、同じように、せつなく愛おしく感じられます。

「小さな町を見ているようだ」と言った男性がいました。

「海のそばに、これ、あるよね」と笑った女性がいます。

「最初はこれ、って思ったけれど、だんだん見ていると、どれもがいいって思えてくるの。不思議ね」と、久々にいらした方。

「置く場所を考えて、いまが玄関が候補だけど、いろいろ場所を探してみるのも楽しいかも」とご夫婦。

「こーふんしたので、頭を冷やしてきます」と若い女性。


さまざまな方が、言葉を残して、展覧会を見て行かれます。




ここでは、ゆっくりとゆっくりと、時間が流れていきます。

そのことが、何か、嬉しいのです。

季節はこれから秋へ向かっていきます。

夏を忘れていく時間のなかにも、この「小屋展」は色濃く記憶のなかに留まることでしょう。

皆さんが残してくれた言葉の一つひとつ、きっと、わたしは忘れないと思います。

小屋展は9月10日まで。

ぜひ、ゆったりとして気持ちでお出かけください。

矢尾板さんの小屋の作品 どうぞご覧ください。

広告を非表示にする