うつわとともに。祥見知生のブログです。

巳亦敬一 硝子の器展


弱い雨が降る初日となりました。

巳亦敬一さんの硝子の器展が始まりました。

静かな空気が空間を包んでいます。

巳亦さんの硝子の器は、そばにいる人を包み、語りかけるような温もりがあります。

天然の絹糸をつむぎ織り込んだヴェールのように繊細なベージュ色、アンティークの趣きのある透明な色、そして若草のみずみずしさを表現したグリーンの色。

どれもが懐かしく、こころに響きます。

昨年醤油さしを求められた方が、今年もいらっしゃいました。
オリーブオイルを入れて使っていて、大変気に入っていらっしゃるとか。


朝のオープンから気が付くと、もうすでに13時をまわっていました。

午後はこの日のために、お仕事を休んで来てくださった方も。

1点ものの一輪挿し、DMで紹介した片口も、大変人気があります。



巳亦敬一 硝子の器展

2008年6月26日(木)〜7月4日(金)

11:00から17:00 会期中は無休です。

あたたかさが手から伝わる硝子の器。

札幌で硝子の器づくりをされる巳亦さんの器には、

不思議な魅力があります。

まいにち、手に包む、日々の硝子。

小鉢、グラス、皿・・・。

心地よさとうれしさを連れてくる硝子の器たちを

どうぞ、ご覧ください。